くろのしろい日記

たぶんチェス中心に書いていくつもりの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チェスや将棋、囲碁などに運要素は存在するか

時間が過ぎるのは早いものでもう結構前になるかもしれませんがこういう言葉がアニメ界の名言的なものにありました。

チェスなんてただのマルバツゲーム」

ノーゲーム・ノーライフという作品に出てきたセリフです。
完全情報ゲームなんだから必勝手順、必勝法は存在する。○×ゲーム(3目並べゲーム)と似たようなもんだという意味だと思います。

さて、本日はそれに関係するのかしないのかな完全情報ゲームに置ける要素の話題にしましょうかね。

とりあえずとは何か調べました。
とは、その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせを指す。

チェス界では古くは1920年代の世界チャンピオンのカパブランカがこのような感じの言葉を残していると聞きました。
カパブランカ「強者とは常に幸である

キューバの公用語って何語なのか知らないんですがたぶん現地語での言葉だと思うのでニュアンスが変わってるかもしれないです。
そしてチェス界における、こいつはが良かったんじゃねえの?と言われている出来事に1935年のマックス・エイベvsアレクサンドル・アレヒンの世界選手権(世界チャンピオン決定戦)があります。

詳細を説明すると、下馬評では格が結構下だと思われていた挑戦者マックス・エイベさんだったのですが、超真面目人間だったエイベさんと対比するかのように超不真面目人間だったチャンピオンのアレヒンさんは対局のたぶん前日、豪遊してべろべろに酔っぱらって外で寝てるところを対局当日に連行されて二日酔いとかで体調がボロボロのときに対局したそうな。
もちろんそんな状態で勝てたわけもなくあっさり格下相手に失冠するという事態になったそうです。

いや、アレヒンさんバカだろwwwと思う人もいるかもしれませんがエイベさん視点だとどうでしょう?
盤外のこととはいえ幸と言えるかもしれません。

ちなみにアレヒンさんはその後禁酒して世界チャンピオンに復帰しました。

さっきまでは盤外の幸運の話。では盤内の幸運はあるのでしょうか?
かつて女性最強であり、男女ひっくるめた世界ランク最高8位を記録したユディット・ポルガーさんはこう言ったそうです。
チェスは30%くらいが心理戦。機械にはこれが通用しない。」

チェスをやっている身としては分かります。
心が折れたらどんなにコンピュータ判断の形成がイコールだったとしてもそれを知るすべがないため投了してしまうことはよくあります。

完全情報ゲームだったとしても局面を正しく判断できるスキルや心理状態がないと、それはたちまち不完全情報ゲームへと早変わりしてしまうというわけです。
あのチェスコンピュータディープブルーと戦ったガルリ・カスパロフさんも、1997年の第2局に劣勢ながらよくよく考えれば引き分けに出来た対局を対戦相手のディープブルーが自信満々に指しているように感じたため心が折れて投了してしまいました。
ディープブルーに取ってこれは幸運?

そして、これは機械に起こりえないと思われがちですがこういうのはどうでしょう?
2005年の出来事です。【Pablo Lafuente vs Shredder (Computer)

Shredderとは超強豪チェスエンジンです。つまりコンピュータ
2005年と言えばもうそろそろ世界チャンピオンでもコンピュータ相手に引き分けならともかく勝利はきついだろうと言われていたころ。

その頃で 19...Rfd8 というとられた駒を取り返さなかった大悪手をコンピュータ側が指しました。
ハッシュテーブルエラーというエラーが起きたそうですが、これは人間側に取って幸運とは言えないだろうか?
こういったエラーは同じようなものが人間にも起こりえるとは言えないだろうかと。

仮にそういったエラーが起これば対戦相手にとっては幸運と言えるのか否か。
世界チャンプクラスと言えども大悪手、ブランダーは起こります。このブログでも2回記事書きました。
世界的なチェスプレーヤーの大悪手特集
世界的なチェスプレーヤーの大悪手特集その2

そんな中、チェスはチャンスのゲームだという意見を一度目にしたことがあるんですよね。
1960年代の米ソ冷戦、チェス界ではアメリカ人フィッシャーvsソ連チェスエリート軍団の国家の威信をかけてチェスをしていた頃、ぬるい手に見えた手を指された直後にここがチャンスと見て長考に入ったがいい手が見つからず、焦燥と絶望から倒れた選手がいたことはよく聞きます。

チャンスがあるゲームということは運要素があるってことなのでは?
という当然の発想ですね。

将棋プログラムPonanzaもそうだと聞いたことがあるのですが、チェスプログラムもたぶんそうで、思考段階でいつも初手から同じ手順を指していると対抗策を練られかねないというところから一部ランダム要素のようなものを取り入れてばらけさせていると聞きました。
ランダム要素があるんですよ?偶然自分の得意な戦法に当たったらそれは運が良かったと言えないですかね?

対人間でも同じです。偶然自分の得意な戦法に持って行く人と当たったならそれは運ではなかろうか?
全てを網羅できないゲームだからこそ一部分しか知らなくて、その一部分に偶然当たる。

この手のゲームに置ける運とはそんなもんかもしれない。
運の感じ方は人それぞれ。

対局前のあいさつでしばしばこういう言葉が使われます。
「Good luck!!(ご武運を!!)」

つまり勝つためには知力だけではない。二日酔いで力が出なければ意味がない上に武運も必要かもしれない。
知力、体力、時の運!

面白要素ってそこに集結するんじゃないかと思えてきた(なんだこの結論)。
スポンサーサイト

チェスチャンピオンのタッチアンドムーブ違反(待った)集

将棋の「待ったなし」に当たる言葉、「タッチアンドムーブ」というものがあります。
しかしながらチェスと将棋とでは少しだけ意味が違います。

将棋の待ったなしでは駒を持ちあげて打ち付けても、手を離さなかった場合もう一度同じ場所に駒を戻せば違う駒を動かすことも可能だったと記憶しています。
チェスの場合のタッチアンドムーブは、その名の通り最初に触れた駒が動かせるなら必ず動かさなければならないのです。

敵の駒に触れてしまった場合は、その駒を取らなければならないとされています。
触れた時点でその駒を動かすことは確定。手を離した時点で着手完了となる部分は将棋と同じです。

フレンドリーマッチなら許してくれると思いますが、公式戦では中々許してくれる人はいないと思います。
どこかで聞きましたが、ブリッツゲーム(早指し)では違反があった場合それを指摘した時点で違反者が負けになる感じだったと思います。

普通のゲームだと負けになるのか、戻してやり直しさせるのか、どちらにしてもアービター(審判員)さんに抗議することになりそうですかね?
公式戦やったことないんで正直あんまり知らないです。

さて、そんなタッチアンドムーブルールですが、この前扱った不正(チート)と似て非なるもので、結構無意識的に違反をやらかす人は多いようです。
それはプロレベルの人でも同じこと。

元全米チャンピオンのヒカル・ナカムラのタッチアンドムーブ違反疑惑の動画は(私の中では)記憶に新しいです。
元世界チャンピオンのガルリ・カスパロフさんや、今(2016年10月時点)の世界チャンピオンのマグヌス・カールセンさんの違反動画があったようなのでそれについても少し。

とりあえずyoutubeの動画用意しましたので追記部分にのせときます。
追記は「続きを読む」からどうぞ。

チェスコンピュータvs人間の歴史2

さて、【チェスコンピュータvs人間の歴史1】で1912年チェスコンピュータ誕生から、グランドマスターを倒す1988年Deep Thought編までの人類とコンピュータの戦いを振り返ってみましたが、今日はその続きの話です。

ここからは、とうとうお待ちかねの世界チャンピオンvsチェスコンピュータです。



時は前回話したコンピュータがグランドマスターをはじめて倒した次の年、つまり1989年のこと。
Deep Thoughtというコンピュータが当時のチェス世界チャンピオンのガルリ・カスパロフさんに挑戦します。

しかし、2戦してあっさりと両方負けてしまいチャンピオンの勝利となります。
ここでDeep Blueを作ろうではないかという話が上がり、制作に入ります。

いよいよディープ・ブルーの話・・・ではなく、私も知りませんでしたが公の場での対局で世界チャンピオンをはじめて倒したのは1994年Chess Geniusというコンピュータでした。
これは制限時間25分といういわゆるラピッドゲーム(日本語では快速チェスゲーム)での出来事だったのですが、ガルリ・カスパロフさんは2回勝負で1敗1分けとなったそうです。
つまり初めてチャンピオンの敗北となりました。

この大会はノックアウト式トーナメントだったそうなのですが、Chess Geniusが勝ち進んだ次の対戦で、ビスワナサン・アナンドさん(2007~2013年の世界チャンピオン)に、さっくりと負けてしまってたのでそんなに大きな話にはならなかったのかもしれません。


そして来たる1996年、あの有名な戦いであるDeep Blue対ガルリ・カスパロフが実現します。
今度の対戦は長丁場。チェスジーニアス戦で負けたときのようにはいかないというのが、なんとなくわかります。
この番勝負は6番勝負。初戦のみチャンピオンが落としましたが、他は強さを見せつけチャンピオン側の3勝1敗2分けというチャンピオン勝利で終了します。

翌年の1997年、さらに強化されたDeep Blueがまたもやチャンピオンに挑みます。
またもやルールは6番勝負。今度は初戦のみチャンピオンが取り、他は思うように成績がついてこず、チャンピオン側の1勝2敗3分けで、なんとチャンピオン敗北となり、当時は大きな話題となりました。



さて、多くの人は知っていたとしてもここまでくらいではないでしょうか?
驚かれたことも多いのですが、たった1度人類が負けただけでコンピュータとの戦いは終わりませんでした


1998年。先ほどにも登場した当時世界ランク2位だったビスワナサン・アナンドさんがREBELというコンピュータと公開対局をします。
8番勝負を行い、スコアは3-5でコンピュータの勝利に終わりましたが、この8回の勝負は制限時間がバラバラでした。

まず、制限時間5分+一手5秒のフィッシャースタイルを4戦行い人類側の1-3というスコア。
次に制限時間15分のセミブリッツゲームを2戦行い人類側の0.5-1.5というスコア。
最後の2戦が40手ごとに2時間という伝統的な制限時間を使い、人類側の1.5-0.5というスコアでした。

制限時間が短いと、もう世界一を超えているかもしれないと思わざるを得ない状態でしたが、制限時間が長いとまだまだ遅れを取っていないことが多かったようです。

2000年にはDeep Juniorというコンピュータとレーティング2615~2770の9人のグランドマスターたちそれぞれと1戦づつ対戦。結果は2勝2敗5分けとなり引き分けになりました。


2002年Deep Fritzというコンピュータが当時の世界チャンピオン、ウラジミール・クラムニクさんと戦います。
結果は8番勝負で引き分け

2003年Deep Juniorガルリ・カスパロフさんと6番勝負で対戦。
結果は引き分け

同じ2003年、カスパロフさんは今度はX3D Fritzという公開対局のために作られたというFritzシリーズのソフトと対戦。
今度は4番勝負で結果は引き分け



今日のところはこのくらいにしておきましょう。
今回は比較的いい勝負の印象でしたが、次回からはとうとうコンピュータ優勢の時代の到来です。
続く。

羽生善治VSガルリ・カスパロフの結果とお金の話題

さて、昨日は羽生善治さんとガルリ・カスパロフさんのチェスの戦いが見れましたね。
この戦いを見るのが夢だったという方は何人もいらっしゃるのではないでしょうか?

結果から言うと先手後手入れ替えで2戦やって2戦ともカスパロフさんの勝利、羽生さんの敗北となりました。
1戦目は序盤にポーンを落としてしまってからツイッターのチェス勢(強者)たちはこりゃあ望みなしか・・・とか次に向けて切り替えるべきとか諦めムードが漂っていましたが、2戦目は羽生さんがちょっと優勢から引き分けに持ち込めたか!?と思えた部分があり一時は大金星ももしかしたらあるぞ!となっていて非常に白熱していましたね!

1局目



2局目



あとチェスは先手がすごい有利なんでしょ?という質問が来ていたので、それについては前に私が書いた記事を見て判断してください。
チェス(と、おまけで将棋)における先手の勝率データとは

そしてここでは解説はしません。たぶん小島慎也さんか上杉晋作さんあたりが解説の記事書いてくれると思うのでそちらをご覧くださいということで。(どうせ私の棋力じゃ解説にならないしね。)

この戦いは、このブログで何度か紹介しているChess Newsでも取り上げられました。
Kasparov vs Habu, Chess vs Shogi legend

この記事では、日本の将棋Shogi (Japanese chess) つまり日本のチェスと書いてチェスWestern chess つまり西洋のチェスとわざわざ書いてるのがちょっと印象的でしたね。
将棋とチェスのデュアルマッチ(二重マッチ)が期待されたが、カスパロフさん自身が「将棋は基本しか分からんから当日までに準備できないよ。羽生も強いチェスプレーヤーでもあるし。」のようなことを言ってたみたいです。誤訳あったら申し訳ないです。(将棋とデュアルプレイしたらチェスでも負けかねないと警戒してくれたのだろうか?)

対局後のインタビューでも将棋とチェスのスイッチ難しいのでは?とカスパロフさんから羽生さんに質問飛んでましたがやっぱり難しいんでしょうね。

1997年 カスパロフvsディープブルー 第1局

突然ですが新しい動画いくつかうpしました。



一番新しいのが上の1997年5月3日の当時世界チャンピオンガルリ・カスパロフvsIBMの当時最強チェスコンピュータディープブルー6番勝負第1局の棋譜解説動画です。
今回はニコニコのアカウント持ってないという方のために、ここに文字で書いておきます。

間違ってたら遠慮なくコメントか何かでご指摘ください。ほとんどが、どっかのサイトで見た情報の受け売りです。
とりあえず棋譜です。



白がカスパロフ選手、黒がディープブルーです。
ところどころコメント入れていきます。

1.Nf3 d5 2.g3 Bg4
ここまで定跡。レティオープニングですね。カスパロフ選手は、ディープブルーのオープニングブックを役に立たなくするために比較的新しい定跡を選んだようです。
調べましたが、カスパロフ選手が公式戦でレティを指したのはこれを含めてわずか6局でした。

3.b3
早くも定跡を外す手を指しました。
ダブルフィアンケットを目指した手です。

3...Nd7 4.Bb2 e6 5.Bg2 Ngf6 6.O-O c6
自然な手。黒はe5としたかったものの、今すぐは難しいと判断して妥協したと思われる。

7.d3
白はキングスインディアンアタックの形を目指す。

7...Bd6 8.Nbd2 O-O
自然な手。黒はセミスラブのような形になる。白はマイナーピースの駒組みが終わりe4とポーンを突く準備をする。

9.h3 Bh5
ビショップをナイトと交換するかと白が聞き、黒が拒否をした手。

10.e3
すぐに 10.g4 Bg6 11.Nh4 とビショップを追いかけると、11...Nxg4 12.Nxg6 fxg6 13.hxg4 Qh4 と続き、白駒得ながらもキングが危険な状態で黒が若干優勢になる。
なので、その変化を嫌ってNxg6にはQxg6とできるようにした手。

10...h6
上記変化になると黒のビショップはナイトと交換になってしまうため、それを嫌って逃げ道を作った手。

11.Qe1
ビショップに逃げられるため、さっきのプランをやめてピンを外しつつeポーンを突く準備をする。

11...Qa5 12.a3
白はb2にいるビショップを交換したくないので受けました。

12...Bc7
疑問手という見解が多い。ここに動いても別に利点はあまりないです。
コンピュータは駒の交換で損得がどうのこうのと考えるのが得意ですが、カスパロフ選手は駒の交換をさせない指し方で進めているので、ディープブルーは困っていたと思われます。

13.Nh4 g5 14.Nhf3
白は自分のナイトと相手のビショップの交換を仕向けますが、黒は拒否します。
そして黒は着々と自陣が弱くなっていくのも白の計算のうち。

14...e5 15.e4 Rfe8
中央での戦闘が始まります。

16.Nh2 Qb6
白がfポーンを活用してキング側を崩そうとしますが黒がそれをさせなかった手。

17.Qc1 a5
b2のビショップが狙われているので、それを受ける。

18.Re1 Bd6 19.Ndf1 dxe4 20.dxe4
中央で戦闘。ナイトは攻撃拠点になりえるf5の地点を目指す。

20...Bc5 21.Ne3
fポーンを狙い、守る。

21...Rad8 22.Nhf1
オープンファイルへルークを移動させる。e3のナイトを補強する。

22...g4
疑問手。私でも危なそうなことが分かる。おそらくここくらいしか着手する場所がなかったかと思われる。

23.hxg4 Nxg4 24.f3 Nxe3 25.Nxe3
取り合って、催促して取り合う。

25...Be7
いったん引いてキングサイドで使おうという手。

26.Kh1 Bg5
白がキングを避けたあと、黒がクイーンのラインでピン。

27.Re2
クイーンをe1かg1に移動させてピンを外す準備。

27...a4 28.b4
ビショップへの攻撃。

28...f5
サクリファイス!ポーンを捨てて攻撃します。

29.exf5 e4 30.f4
今度は白がサクリファイス!ルークとビショップの交換。エクスチェンジダウンですが、ポーンが止まらないとの読み。
おそらくですが、カスパロフ選手はこの時点、もしくはもう少し前には最終図が読めていたのではないでしょうか。

30.Bxe2 31.fxg5
交換します。

31...Ne5
戦いにすぐに参加できて、b2にいるビショップの効きを止められる位置に移動。

32.g6 Bf3 33.Bc3
白が連結パスポーンを作り、将来起こり得るセブンスランクのルーク(ここではセカンドランク?)を阻止。

33...Qb5 34.Qf1 Qxf1+ 35.Rxf1
黒はクイーンをe2に侵入させることを試みますが、白が阻止します。

35...h5 36.Kg1 Kf8
キングの活用をします。

37.Bh3
g4で駒の交換をする準備。

37...b5 38.Kf2 Kg7
黒は一旦f8にキングを持っていきましたが、やっぱりhファイルやgファイルで使う模様。

39.g4
攻撃開始。c3にビショップがいて、ナイトがピンされているため黒はこのポーンは取れない。

39...Kh6 40.Rg1
ルークを移動させてg5の脅しをかける。

40...hxg4 41.Bxg4 Bxg4 42.Nxg4+ Nxg4+ 43.Rxg4
取り合い。

43...Rd5 44.f6
ポーンを進める。

44...Rd1 45.g7
パスポーンは攻めるも守るも後ろからという格言通り指すものの、ポーンが止まらない。
ここで黒ディープブルーのリザインで終わります。

[ 2013/10/31 21:51 ] その他のチェス | TB(0) | CM(1)
 
プロフィール

chlorine

Author:chlorine


HN: chlorine(くろーりん)
略して「くろ」というHNも良く使う

チェスやバックギャモン、ポーカーが好き

主にニコニコ動画で活動中
リンクフリーです。いっぱいリンクしてくれると嬉しいです
トラックバックとかもじゃんじゃんしてください



YouTubeのチャンネル↓
ちゃんねるくろ


ニコニコ動画コミュニティ↓
ばかっていったほうがばかなんです!【ニコニコミュニティ】

Twitter


最新トラックバック
アクセスカウント
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。