くろのしろい日記

たぶんチェス中心に書いていくつもりの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2018年人間対機械でのチェス若手対決の結果

今回は2018年4月22日に行われた人間対機械の公開チェス対決について書きたいと思います。
場所は【lichess.org】という比較的大手のチェス対戦サイト。

今回紹介するこの対決は、人間側もコンピュータ側も若手同士のネット対戦となりました。
よって、別にトップ同士の頂上決戦みたいな感じではなくもっと軽い感じの「やってみた」的対戦だと思います。

人間の若手は分かるけどコンピュータの若手ってなんぞや?と思われるかもしれません。
一般的なチェスのAIにはアルファ・ベータ探索という手法がとられていたのですが、記憶に新しい方もいるかもしれない2015年末Google傘下のDeepMind社によるAlphaGo(アルファ碁)シリーズの登場により、ディープラーニングとモンテカルロ木探索(モンテカルロ法の進化版)によるアプローチのいわゆる機械学習が流行り(?)の時代となりました。

もしかしたら違うかもですが大体そんな感じでコンピュータ側はアルファ碁シリーズの2018年4月時点での最新版AlphaZeroと近いコンセプトで機械学習を行ったLeela Chess Zero(リーラチェスゼロ)通称LCゼロとかリーラとか言うプログラムが参戦します。

要するに汎用パソコン用アルファゼロというような位置づけです。
ですが情報あんまり見つかりませんでしたが、一応注釈としてたぶんDeepMind社とは関わってないプログラムだと思います。
LCゼロは開発が始まってからまだ2か月ほどらしいのでまさに新進気鋭と言えそうな若手ですね。

そしてこれを見てる方が一番気になるであろうどのくらい「で、それは強いの?」という疑問があったので調べたところ、開発者のノートパソコンではたぶんEloレーティング2700+くらいだと思うぞー、とのことでした。
しかし、どう見ても人間超えてんじゃね?という意見も多数あったため2700は過小評価かもしれません。

トップチェスエンジンチャンピオンシップ(非公式のコンピュータチャンピオン決定戦)では、コンピュータチェスレーティングリストでレーティング2950のプログラムに1勝1分け。
これは28戦中なので残り26戦は全部負けです。

戦った相手でコンピュータチェスレーティングリストに名前があるものの平均レーティングが3000くらい。
仮にレーティング3000との試合で1勝26敗1分けを当てはめると、勝率5.35くらいなのでレーティング差は約マイナス500です。
ん~、リーラ絶不調とは聞いていましたがこれほどとは。

まあ、サンプル数がどう考えても少ないので何とも言えませんがバージョンも学習された量もこれが対戦相手になるそうなのでレーティング2500の可能性ありなコンピュータならなんとかなるかもですね!
そしてこのチェスプログラムは、従来のプログラムと違いミスするときも人っぽいミスをするらしい。

対する人類代表はアメリカのペンギンGMことアンドリュー・タン(Andrew Tang)さん18歳。若けぇ。
彼は2018年の4月の上旬にグランドマスター(GM)となりました。

おそらくよく知らない方にとって、なぜいきなりペンギンなのかと思う方もいらっしゃるかもしれないので説明すると、アンドリューさんはインターネットプレイを盛んに行っているプレイヤーで、有名なハンドルネームがpenguingim1もしくはpenguingm1なのです。

彼はペンギン(Penguin)が好きなことと、ナンバーワンのGMになりたいという願いからそのようなHNにしたそうですよ。ちなみにIMの頃からペンギンGM1と名乗ってました(たしか)。

そしてアンドリューさんはネットプレイヤーであり、ネット配信者でもあります。
この対戦もアンドリューさんは実況しながらのプレイを行っています。
ちなみにFIDE(国際チェス連盟)のレーティングは2502です。

マッチは15分+1手2秒追加が2試合、5分+1手2秒追加が4試合、1分切れ負けが8試合、そしてアンドリューさんが自由に持ち時間を選択できるフリープレイを挑める(結局30戦やった)だそうです。

アンドリューさんは早い時間のゲームが得意だと言われているので、応援はするが今の時代コンピュータ相手には無茶だろうという意見もある中、これは何試合かいい勝負が期待できるんじゃないか??という下馬評も見られたように思います。

ちなみにこのフリープレイは持ち時間15秒切れ負けの対戦がほとんどだったと思います。



さて、終わってみるとスコアはアンドリューさんの44戦1勝37敗6分けで終了しました。
リーラのレーティング2500の可能性とはなんだったのか。

リーラはlichessのレート1500スタートでしたが終わってみると3231でした(つよい)。
やはり1回とはいえ2950に勝てたコンピュータは強かった。

内訳は1分切れ負けで3分け。そして15秒切れ負けで1勝3分けです。
そしてこの44戦の結果を仮にアンドリューさんがレーティング2500だったとすると勝率約9.09%なのでレーティング差400と少しです。

このくらいの結果なら人間トップと同等っぽいですかね。
(世界チャンピオンはスタンダードレーティング2843、ブリッツレーティングに限れば2965)

私は英語が全くと言っていいほど聞き取れないのでいつ言ってたのか全く知りませんが、海外のネット配信者がコンピュータとの対戦を実況するときにお馴染みらしいセリフ「コイツぜってーソフト指しだぜ!」がアンドリューさんから聞けたらしく盛り上がってる方もいらっしゃいましたね。

今日はこのくらいにしておきます。
また次回!
スポンサーサイト

ネットのチェス関係者集まってみませんか?

こんにちは。くろーりんです。

今回は、3か月くらい前からツイッターやYOUTUBE配信でぽつりぽつりと言ってはいたのですが、そんなに多くはないであろうインターネット上で活動しているチェス発信者を集めて連合を作ってみませんか?

という提案をしたくて記事を書きました。

このチェスの発信者とは、チェスのインターネットライブ配信者、ブロガー、動画サイトの投稿者、ツイッターでの情報発信者など他にも私が知らなかったような発信をしている人もいるかもしれませんがそういう方々を指します。

この連合を作る目的は、

1.発信する人たちで横のつながりを持つ。
2.新規にチェス発信者になろうとしている人の足がかりになりえる場所を作りたい。
3.日本人向けのチェスについて「そこを当たれば何かしら見つかる」という場所がほしい。

という発信者向け、これから発信者になる人向け、そして発信を視聴しようとする人向けの3つが主なものとなります。

まず1については横のつながりを持つと理想では、Aさんは○○な内容のことをやっているから私は△△な路線で行こうというようなご自身の方向性を見つけて頂いたり、こんなことをやってるなんてすごい!どうやってできるんですか?と質問できるように出来たらいいなと思っています。

2については、例えば新たにチェスのネット配信がしたくて、頑張ってやってみたものの全く人が来なくて心が折れてしまったからもう違うジャンルに手を出すことにした。という話も聞かなくはないです。
もったいないですよね。足がかりになる場所があり、多少でも最初から支援してくれる人がいるのといないのとでは、やる気が相当差が出るように私は思います。

3については、Aさんの発信を視聴する人がBさんの発信の視聴をする機会を作ることが可能になるかもしれません。
Aさんの発信でチェスに興味を持ったけど、チェスを調べてみても日本語のコンテンツが驚くほど少ないことから疎遠になっていく人も聞かなくはないです。
やはりもったいない。チェスについて調べた人に新しい発信が行きつく場というのは貴重です。
正直調べても「いつの時代のだよ」って発信ばっかりヒットしますからね。



では具体的に何をするのか。

正直まだあんまり考えてないです。
まず大前提として、管理を一極集中してしまうと例えば私も学生とかではなくなってしまってそこまで暇ではないためすぐに破綻しそうです。

そして、インターネットで活動するので何かしらホームページのようなもので可視化したいところです。
ならチェス発信者WIKIのようなものを作って、そこで情報いっぱいみんなでのせればいいんじゃね?
荒らす人がいればみんなで監視すりゃいいじゃん。

という発想になります。

しかし、問題がある気がします。
例えば、レンタルWIKI借りてきたぞーつっても編集したがる人ってめちゃ少ないわけで、結局管理が一極になってしまう問題。

そして、過度に横のつながりをもつと、せっかく連合を作ってもコンテンツが皆似たようなものになってどれ見ても同じようなものになってしまっては意味がないというか見てる側が面白くなくなりそうな予感がする問題。

そしてどこの世界でも横のつながりを持ち、仲良くしようとするとなぜか必ず出てくる「アンチ慣れ合い」の方々の問題もできればどうにかしたいとも思ったり思わなかったり。

その他、細々としたものでは視聴者側が発信者をシームレスに感じてしまい、堂々と別の発信者の場で関係ない発信者の批判や悪口を言う人が出てきかねない問題。
(これについては狭い日本チェス界ではニコ生配信者という共通点だけでよく起こっていた)


でもまあ、何かしらやり始めたら問題も見えてくるだろうし解決策も出てくるんじゃないかと楽観的に考えています。

そしてこの野望で一番重要なもの。それは人集め。
人が集まらなければ何もできないです。

ということで同志募集!
手始めに発信者受信者関係なく参加できる、チェスファンなら誰でも参加OKのディスコードサーバを作成しました。

ボイスチャットなりテキストチャットなり情報交換や雑談の場にしましょう。

チェスファンたちの集い Discord】 - https://discord.gg/3wZjbQH
リンクからご参加ください。

もう一度言います。チェスファンなら誰でも参加OKです。
一応ケンカはしないようにとか個人情報は晒すなとか細かいルールはありますが、誰でも参加しちゃってください。

チェスに興味がある程度でも参加に全く問題ないです。
興味があるならまずは参加してってください。

今は人がとにかくほしい状態です。
まだ片手で数えられるくらいしか人いませんが、将来的には数百人を目指しています。

ツイッターでツイートしたら10人くらい協力したいと反応してくれた方々がいらっしゃったので、たぶんなんとかなります。
皆様とお話しできる日を心待ちにしております。

みんなでがんばろー

[タグ] チェス
[ 2018/04/22 18:24 ] その他のチェス | TB(0) | CM(1)

昔本当にあった負ければ殺されるチェスの対局

今回は、何か面白いエピソード持ってるチェスチャンピオンいないかな~と探してた時、偶然見つけたチェスマスターの壮絶なエピソードをご紹介します。

今日ご紹介する人の名前はオシップ・サモイロヴィッチ・バーンスティーン(Ossip Samoilovich Bernstein)さん。
1882年にロシアで生まれ、1962年にフランスで亡くなりました。
亡くなったときの称号はグランドマスター(GM)です。

そして日本語でグーグル検索してみましたが、ほぼほぼこの人はヒットしませんでした。

バーンスティーンさんはロシア帝国でユダヤの家系に生まれ、おそらく何不自由なく20歳近くまで育ちました。
チェスのキャリアは20歳でベルリンのチェス大会で優勝したり、ミハイル・チゴリンさんという定跡に名前を残している超有名人といい勝負したり、はたまた当時の世界チャンピオン、カパブランカさんと番勝負をするくらいの腕前でした。

学業も怠ってはいません。
24歳で財務の弁護士になり、銀行員の法律顧問をしていたそうです。

しかしそれが悲劇を生みました。

バーンスティーンさんたぶん36歳の1918年ソビエト革命(十月革命)の後、銀行の要職にいたため秘密警察の手により逮捕されます。
そしてなんと銃殺刑が下されました。

射撃部隊が並んでいるまさにそのとき、上級官員が逮捕者のリストを見せるように言い、ざっと見ている中に「オシップ・バーンスティーン」の名前を見つけた途端、

「キミもしかしてあの有名なチェスマスターか?」

と聞きにわざわざ目の前まで来たそうです。
もちろん本人は自分がチェスマスターだと思っているわけでその問いを肯定するわけですが、相手の上級官員は半信半疑らしく…

「よし、私と一局チェスをしろ」

と言ったかどうかは定かではないものの、なんとその上級官員とチェスをすることになってしまったそうな。
言うまでもないですが、半信半疑の素人相手に自分がチェスマスターだと証明する方法は一つ。勝つしか道はない。

本人も負けるか引き分ければその場で銃殺だと覚悟をして臨んだそうです。
まさに命を賭けたチェス…

プレッシャーで押しつぶされてもしょうがないだろこれと思ったけれども、バーンスティーン氏はその上級官員をチェスで瞬殺。
見事に自分がチェスマスターだと証明した上でなんと解放(これはこれですごい出来事な気がする)されました。

そしてイギリスの船に乗ってフランスまで無事亡命できたとさ。

彼はすごいビジネスマンで、何度も戦争とかで財産失っては金持ちに復活することを繰り返してたらしい。
第二次世界大戦時にも波乱があったらしいけどそれはまた別の話。

オシップ・バーンスティーンさんのWikipedia(英語)

また次回!

[タグ] チェス 戦争
[ 2018/02/19 20:48 ] チェス雑学 | TB(0) | CM(0)

世界で一番難しいチェスプロブレムとは

この前、私のツイッターのタイムラインにチェスプロブレムについてのツイートが見えたので、ちょっと気になり世界一難しいチェスプロブレムを探してみました。

しかし、難しいというのは割と主観的なことなので意見が分かれるところであるようです。
なので、今回は難しいプロブレムをいくつか紹介したいと思います。

まずチェスプロブレムとは何ぞや。というところから。調べてみましたが定義が難しいですね。
大体のチェスプロブレムは実戦で生じる局面よりも無駄な駒のない芸術的な配置、手順が好まれる特定の解答条件のあるチェスのルールを使ったパズルの問題だそうです。

将棋をされる方にとっては、非実戦型詰将棋と言った方がいいかもしれませんね(例えが間違ってたらごめんなさい)。
いわゆる作品名がついてたりする特殊なヤツです。

ただしチェスプロブレムはチェックメイトを問う問題ばかりではないことに注意。
初期配置から提示された局面に至るまでの手順を求めよ~みたいなプロブレムもあります。

そして、チェックメイトを問う問題でも連続チェック(連続王手)の必要はありません。
その場合、単に最も早くチェックメイトできる手段を探しましょうということになります。

そろそろ紹介に入りましょう。

まずはプロブレム好きにとっては知らない人はいないだろうと言うような作品から。



白からです。ポール・モーフィーさんという1860年前後の事実上のチェス世界チャンピオンの作品。
ちなみに当時は持ち時間制度がなかったため、国際チェス連盟はチャンピオンとして公認していません。

とあるチェスサイトの物販に、このプロブレムがプリントされたTシャツがあり「へ~」と思った記憶があります。
分かりましたでしょうか?白先2手メイト(将棋的なカウントでは3手詰め)です。
私は解けませんでした。







<答え>


ルークただ捨てが正解。とてもシンプルな手順。
答えを知ってれば簡単なんだがな~と思わせる問題でした。そこがイイ!という意見も多数聞きます。




次、どなたの作品かは知りませんが、これもプロブレム界ではよく見る問題です。



見るからに難しそうですね。
白先8手メイト(将棋的なカウントでは15手詰め)です。
私は解けませんでした。







<答え>


強制手で黒はポーンを動かさざるを得なくなりキングの逃げ場所がついになくなってしまったという作品でした。
こっちの問題は答え聞いても「え?もう一回お願い」と言ってしまいそうな難解なものですね。

次、この解き方と似たような問題を出しておきましょう。



大昔に私が見たことがある超うろ覚えのプロブレムです。多少違うかもしれません。
その私が超昔に見た奴は、まだ今のチェスのルールが固まる前に作られたと書いてありましたね。

つまりおそらく600年以上前のプロブレムだと思っていいと思います。
白先5手メイト(将棋的なカウントで9手詰め)です。

追記部分に答えと、世界一長いかもしれないプロブレム載せときます。
下に「続きを読む」のリンクがある方はそれをクリック!

[ 2017/03/17 22:19 ] その他のチェス | TB(0) | CM(2)

人間対コンピュータの歴史

最近新しくMMDドラマの動画とかゆっくり解説の動画アップロードしました。
今回はゆっくり解説動画の詳しい紹介をここでしておきたいと思います。

将棋の方で、プロとコンピュータが戦う叡王戦電王戦が最後らしいということも聞きましたし、ここらあたりでさらっと機械、つまりコンピュータが頭脳競技、マインドスポーツ、ボードゲームでどのような結果をいつ残してきたかというおさらいを私がしたかったので作りました。

このブログでも人気のある記事はチェス界に関するお金とコンピュータの記事です。
きっと皆さんも気になることだろうとも思うので、もしよさそうだと思っていただいたらSNSなどで拡散してくれると嬉しいです。

動画の内容は、「バックギャモン」「チェッカー(ドラフツ)」「オセロ」「チェス」「将棋」「囲碁」の6つの競技についての人間とコンピュータ頂上決戦をまとめました。

つまり主に世界チャンピオンが戦ったものについて扱っています。

YouTube 【頭脳競技における機械vs人間の歴史



ニコニコ動画 (コメント付きで見たい方はこちら)






ここからは余談です。
今まで生放送配信は色んな所でやっていたものの、動画活動はニコニコだけでやってましたが、このたび YouTube にも手を伸ばすことにしました。

なぜかというと、自分の動画をエゴサーチしたところ、自分が昔作成してうpした割と黒歴史に近い動画がたくさんYouTubeに転載されていて、中には数万再生という本家より伸びとるがなという状態になり、どうせ転載されるんなら自分でアップロードしますさといった次第です。

ニコニコにはアカウントフォローしてくれている方が何百人もいるので、なんとか見てくれそうな方も多いのですが、YouTubeは2回ライブ配信したくらいの活動しかないのでチャンネル登録者がほとんどいません!

というかチャンネルって何?状態です!
2年前にちょっと作ってほったらかしにしてたから皆忘れました/(^o^)\
ほぼ一から出直しみたいな感じになってるのでお優しい方、応援をお願いします。
ちゃんねるくろ
 
プロフィール

chlorine

Author:chlorine


HN: chlorine(くろーりん)
略して「くろ」というHNも良く使う

チェスやバックギャモン、ポーカーが好き

主にyoutubeやニコニコ動画で活動中
リンクフリーです。いっぱいリンクしてくれると嬉しいです
トラックバックとかもじゃんじゃんしてください



YouTubeのチャンネル↓
ちゃんねるくろ


ニコニコ動画コミュニティ↓
ばかっていったほうがばかなんです!【ニコニコミュニティ】

最新トラックバック
アクセスカウント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。