くろのしろい日記

たぶんチェス中心に書いていくつもりの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界で一番難しいチェスプロブレムとは

この前、私のツイッターのタイムラインにチェスプロブレムについてのツイートが見えたので、ちょっと気になり世界一難しいチェスプロブレムを探してみました。

しかし、難しいというのは割と主観的なことなので意見が分かれるところであるようです。
なので、今回は難しいプロブレムをいくつか紹介したいと思います。

まずチェスプロブレムとは何ぞや。というところから。調べてみましたが定義が難しいですね。
大体のチェスプロブレムは実戦で生じる局面よりも無駄な駒のない芸術的な配置、手順が好まれる特定の解答条件のあるチェスのルールを使ったパズルの問題だそうです。

将棋をされる方にとっては、非実戦型詰将棋と言った方がいいかもしれませんね(例えが間違ってたらごめんなさい)。
いわゆる作品名がついてたりする特殊なヤツです。

ただしチェスプロブレムはチェックメイトを問う問題ばかりではないことに注意。
初期配置から提示された局面に至るまでの手順を求めよ~みたいなプロブレムもあります。

そして、チェックメイトを問う問題でも連続チェック(連続王手)の必要はありません。
その場合、単に最も早くチェックメイトできる手段を探しましょうということになります。

そろそろ紹介に入りましょう。

まずはプロブレム好きにとっては知らない人はいないだろうと言うような作品から。



白からです。ポール・モーフィーさんという1860年前後の事実上のチェス世界チャンピオンの作品。
ちなみに当時は持ち時間制度がなかったため、国際チェス連盟はチャンピオンとして公認していません。

とあるチェスサイトの物販に、このプロブレムがプリントされたTシャツがあり「へ~」と思った記憶があります。
分かりましたでしょうか?白先2手メイト(将棋的なカウントでは3手詰め)です。
私は解けませんでした。







<答え>


ルークただ捨てが正解。とてもシンプルな手順。
答えを知ってれば簡単なんだがな~と思わせる問題でした。そこがイイ!という意見も多数聞きます。




次、どなたの作品かは知りませんが、これもプロブレム界ではよく見る問題です。



見るからに難しそうですね。
白先8手メイト(将棋的なカウントでは15手詰め)です。
私は解けませんでした。







<答え>


強制手で黒はポーンを動かさざるを得なくなりキングの逃げ場所がついになくなってしまったという作品でした。
こっちの問題は答え聞いても「え?もう一回お願い」と言ってしまいそうな難解なものですね。

次、この解き方と似たような問題を出しておきましょう。



大昔に私が見たことがある超うろ覚えのプロブレムです。多少違うかもしれません。
その私が超昔に見た奴は、まだ今のチェスのルールが固まる前に作られたと書いてありましたね。

つまりおそらく600年以上前のプロブレムだと思っていいと思います。
白先5手メイト(将棋的なカウントで9手詰め)です。

追記部分に答えと、世界一長いかもしれないプロブレム載せときます。
下に「続きを読む」のリンクがある方はそれをクリック!
スポンサーサイト

[ 2017/03/17 22:19 ] その他のチェス | TB(0) | CM(0)
 
プロフィール

chlorine

Author:chlorine


HN: chlorine(くろーりん)
略して「くろ」というHNも良く使う

チェスやバックギャモン、ポーカーが好き

主にニコニコ動画で活動中
リンクフリーです。いっぱいリンクしてくれると嬉しいです
トラックバックとかもじゃんじゃんしてください



YouTubeのチャンネル↓
ちゃんねるくろ


ニコニコ動画コミュニティ↓
ばかっていったほうがばかなんです!【ニコニコミュニティ】

Twitter


最新トラックバック
アクセスカウント
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。