くろのしろい日記

たぶんチェス中心に書いていくつもりの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初バックギャモン記事(ルールから)

さてさてこんばんは。

今日からは、ぼちぼちいつもとは違う記事を始めてみようかと思います。
今日はどんな記事を書くのか。チェスではありません。



バックギャモンです!

そう。ご存知の方もちらほらいるのではないでしょうか?双六(すごろく)ゲームの祖先といわれるあれです。

が、その姿はすごろくとバックギャモンでは大きく違います。
よく例えられるのが麻雀です。こちらの方が知ってる方が多いと思うのでこれで例えてみましょう。

バックギャモンは古くは盤双六と呼ばれ、そこから派生した人生ゲームのような現在では一般的な双六は絵双六と呼ばれています。
これは麻雀から派生したポンジャン(ドンジャラの呼び名の方が有名?)という簡略化したゲームがありますがその関係と似ています。

つまり現在での一般的な双六であるところの絵双六は盤双六を簡略化したゲームということです。
盤双六と呼ばれていたのはなんと平安時代のことだったので、今のバックギャモンとは実はまだ少し違いはありますが、ほぼイコールと思ってもらっても構わないと私は思います。

では、どう絵双六と盤双六は違うのか。

大体のゲームの流れは2人対戦型で王駒がないダイヤモンドゲームを想像すればいいかもしれません。
え?ダイヤモンドゲームが分からない? ・・・うーむ。では普通に説明しよう。

バックギャモンとは、
敵の振り出しが自分のゴールだけど自分の振り出しも敵のゴールで、条件を満たさないと出現しないゴールを、邪魔したり邪魔されたりの戦略を駆使して目指す双六ゲーム。

---------ルール解説>---------

まずバックギャモンと呼ばれる双六は自分の持つ駒が15個あり、初期配置の地点(いつも同じ配置)にそれぞれ分けられて配置している。そう、スタート地点は同じではないのだ。
次に双六のマス目は24個(6×4個)、そしてゴールのマスと振り出しのマスの計26個のマスがあると思ってくれればいい。
そして、2個のさいころを振って出た目の分駒を進める。1つの目ずつ2つの駒を動かしてもいいし1つの駒に2つのさいころの目をつぎ込んでもいい。そしてぞろ目が出るとその目を4回動かす。敵から振り出しに戻される以外、駒は戻ることができない

そして上でも書いたが味方のゴールとは敵の振り出しのマスであり敵のゴールとは味方の振り出しのマスになる。

つまり目指すべきは敵の振り出しのマスなのだがやみくもに進めばいいというものではないルールが存在する。
敵の駒が既に存在するマスに味方の駒を移動させようと思っているとき、【敵の駒が1枚ならばそのマスに移動して元々有ったその1枚を振り出しに戻し、味方の駒をそのマスに移動させる】、【2枚以上ならば移動させることが出来ない】というルールである。

実はこのルールのおかげで動かせる駒がなくなってしまったという状態があり得るその時はパス。自分は動かすことが出来ない。

つまりそこで勝つための戦略が生まれる。そして戦略が必要とされるためのルールがもう2つ存在する。

1つは振り出しに戻された駒は真っ先にその他のマスに帰ってこなければならないというルールである。
振り出しは実は盤外にあり、盤内に帰ってこなければ何もしてはいけないというもの。これも戻るためのマス1つにつき2枚以上敵が駒を配置していれば、帰ってこれなくなるというケースがある。この場合もやはりパスになる。

2つ目はゴールを出現させるための条件がある。というもの。
つまり、ある条件を満たさないとゴールし始められない。
その条件とは、15個すべての駒をゴールのマスから数えて6以内に集めること
6以内ということはゴールさえ出現してしまえばサイコロの目1つ分で駒1つゴールインとなる。

ゴールするときは基本的にはサイコロの目の数ぴったりのものしかゴールインできない
しかしさいころの目の距離よりも短い距離にしか駒が存在しない場合は一番距離が遠い駒をゴールインさせることが出来る。

-----------------------

細かいルールはまだあれど以上がバックギャモンのルールです。

難しい?
体で覚えるしかないかもしれないですね。自転車の乗り方みたいなもんで一度覚えてしまえばルール自体は中々忘れないし簡単に思えると思います。

ゲームに関しての記事はまた今日書きます。
あと「バックギャモンに関する話題」というFC2ブログのスレッドテーマを「趣味・実用」の下につくったので使い方よく知らないんですがFC2の方はご活用ください。バックギャモンのスレッドテーマなかったので。
スポンサーサイト
 
プロフィール

chlorine

Author:chlorine


HN: chlorine(くろーりん)
略して「くろ」というHNも良く使う

チェスやバックギャモン、ポーカーが好き

主にニコニコ動画で活動中
リンクフリーです。いっぱいリンクしてくれると嬉しいです
トラックバックとかもじゃんじゃんしてください



YouTubeのチャンネル↓
ちゃんねるくろ


ニコニコ動画コミュニティ↓
ばかっていったほうがばかなんです!【ニコニコミュニティ】

Twitter


最新トラックバック
アクセスカウント
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。