くろのしろい日記

たぶんチェス中心に書いていくつもりの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国際チェス連盟の名簿から見るチェスが好きな国とは

はい。今日のテーマはチェスが好きな国です。

チェスが好きとはどういうことだと問われたとき、チェスを対局することが多い人を普通は指すのではないかと思ったわけですが、チェスをそれなりにやってたら腕試しにでも大会の公式戦に出場してみたいと思うのが心情というものではないだろうか?

特に、普通は大物棋士でもない限りお金払って大会に出場するわけですから、大会に出るということは金持ちでもない限り、チェスがどうしても好きなのかチェスの腕に覚えがあるのかだと考えられます。

冒頭からこんな話をして何が言いたいのか。
つまり国際チェス連盟プレイヤーリスト会員名簿?)に記載されている人が多い国がほぼイコール、チェス好きな国であり盛んな国なのではないかと。

数年前、チェス書籍翻訳家の水野さんがアメリカはこういうの好きな人多いからちょっと前はアメリカが一番多かったと思うと仰ってましたが今は果たしてどうなのか。
フィッシャーフィーバーのときは絶対多かったろうなというのも想像に難くないですし、chess.comというネットチェスサイトの登録者国別所属者数ランキングではアメリカがぶっちぎり1位でした。

さて、そういうわけで国際チェス連盟(FIDE)の公式HPから最新(2015年5月)プレーヤーリストのTXTファイルをダウンロードしてみます。

さーて数えるぞ~
リストにある名前の数なんと!51万1484人!!

気が遠くなるわ!!!

世界のチェス競技人口は5億人と言われていますが会員自体は1000分の1ですか。ちなみに私もチェスやってますが会員ではありません。
しかし、これは普通に数えてたら何年かかるか分からん。

というわけで情報処理しやすいXMLファイル版の名簿ダウンロードしてパソコンに数えてもらうことに。
しかしながら昔大学でXMLの使い方習った気がするけどすっかり忘れてしまった私。

エクセルで開けるらしいと知ったのでエクセルさんに頑張ってもらいました。

それによるとその51万1484人の中でレーティングを持っている人数20万8717人
今回の集計ではレーティングを持っていない人を含めた51万人の方から色々抽出してみました。

さて、まずは絶対的な人数が多い国はどこか

1位インド 4万8075人、全体の9.4%
チェスの起源の国が1位です。人によっては意外に思われるかもしれませんが、2013年までチェスの世界チャンピオンがインド人だったことを考えるとそう不思議ではないですね。

2位ロシア 4万5610人、全体の8.9%
チェス最強国と言われるロシアが2位です。今はよく知りませんがソ連の時代はチェス世界チャンピオン養成所が存在し、英才教育がされていたと聞きます。

3位フランス 4万932人、全体の8.0%
割と将棋との交流もよくあるこの国が3位です。フランス人少年がチェスの大会のため学校休んでたと聞いたことがありますが他の国でもよくあることなんですかね?

4位スペイン 3万5598人、全体の7.0%
私の中ではちょっと意外だった国です。強い国ですがあんまり印象にはなかったので。

5位ドイツ 2万9885人、全体の5.8%
最強国ロシアに次いでタイトル保持者が多い国ですので上位なのも納得です。

以下は順位と数字だけ。
6位トルコ 1万7815人、全体の3.5%

7位ポーランド 1万5271人、全体の3.0%

8位イラン 1万4618人、全体の2.9%

9位ギリシャ 1万4562人、全体の2.8%

10位イタリア 1万3458人、全体の2.6%

(日本120位217人、0.042%)全部で181の国と地域。
さて、ここまで調べて思ったのですが、人口100万人の国で100人いたことよりも、人口50万人の国で100人いたことの方がチェス好きな国言えるのではないか?と思えてきました。
インド人口多いからたくさんいても不思議じゃないんじゃね?的な。

なので各国の人口を調べるとWikipediaに一覧があったのでそれを当てはめてみました。しかしよくよく見るとデータは2010年のものだったので大体だとお考えください。

選手の割合が多い国はどこか

1位パラオ 国民162人に1人がチェス選手

2位アイスランド 国民217人に1人がチェス選手

3位モナコ 国民448人に1人がチェス選手

4位スロベニア 国民536人に1人がチェス選手

5位バルバドス 国民727人に1人がチェス選手

6位クロアチア 国民728人に1人がチェス選手

7位ギリシャ 国民780人に1人がチェス選手

8位アンドラ 国民818人に1人がチェス選手

9位モンテネグロ 国民929人に1人がチェス選手

10位スロバキア 国民978人に1人がチェス選手

(日本161位、国民58万3115人に1人がチェス選手)
今度はフェロー諸島などの属領は除外しましたがイングランドなどの地域は入れました。全部で173か国です。
パラオが1位とはこれまた意外ですね。

続きはGM人数から見るチェスが強い国の考察です。よろしければどうぞ。



さて追記です。
チェスの世界チャンピオンを除く最高位の称号といえばGM(グランドマスター)です。
その人数がどの国に何人いるのかという一覧があったので
Federations Ranking
それを名簿に当てはめてみました。
上のURLは各国上位10人の平均レーティングが高い順番のランキングですね。

比較のために日本の将棋では国民何人に対して将棋大会出場経験者は何人でプロ棋士は何人みたいな情報がほしかったんですが、今は個人情報保護のもと中々そういう名簿は手に入りませんでした。
日本将棋連盟のアマチュア支部の名簿の人数は15年前で1万8千人くらいだったそうだというのが限界の情報でした。

競技人口の割り出しの元になる数字のはずなのでどっかにはあるとは思うんですけどねー。

さて本題です。
それぞれの国でGMはチェス選手何人に1人の割合でいるのか。上位を調べました。これならチェスが強い人が多い国といえるのではなかろうか。

1位モナコ チェス選手26人に1人がGM

2位アルメニア チェス選手29人に1人がGM

3位カタール チェス選手36人に1人がGM

4位中国 チェス選手46人に1人がGM

5位アンドラ チェス選手52人に1人がGM

6位マケドニア チェス選手52人に1人がGM

7位イスラエル チェス選手59人に1人がGM

8位グルジア(ジョージア) チェス選手61人に1人がGM

9位ウズベキスタン チェス選手76人に1人がGM

10位ブルガリア チェス選手76人に1人がGM

ではまた次回。
関連記事
スポンサーサイト

[タグ] チェス
[ 2015/05/12 22:33 ] チェス雑学 | TB(0) | CM(4)
よく調べましたね!
え~と、チェスが好きな国、NO.1は、アイスランドと言っていいでしょう。

人口当たりのGM数は半端ではなく、どこかの国から移住したということではなくて(ドイツあたりはこれが多い、多分)、生粋のアイスランド生まれの、○○ソンさん(名前の後ろにソンがつくんだほとんど!)のGMがウジャウジャいるのです。

スパスキー対フィッシャーの世界チャンピオン戦が開催された、レイキャビクもこの国の首都。昔のFIDE会長にも、アイスランド人のGM、オラフソン氏がなっている。

FIDEレイティングを持っている人を、「選手」と呼んでいいのか疑問です。
記事には日本では、JCA所属で217人とありますが、わたしの感覚よりは多いですね。と言っても私は過去の人間なので現在の状況は分かりません。レイティングを持っているプレーヤーと言っても、1300代の方もいますし、将棋で言うところの、段の下の「~級」位の人を「将棋の選手」とは言わないんじゃないかな~と。

大昔はFIDEのレイティングは最低で2200じゃなかったのかな~
それ以下の実力の人はレイティングをもらえなかったじゃないかと・・・
今は、普及目的だと思うけど、こんなんで国際レイティングがもらえるの?というくらい、下位の人もFIDEのレイティングが付いちゃうことになってるみたい。
でも、国際レイティング対象の持ち時間の長い大会に出ないとダメなんだけどね。

それから、将棋のプロ棋士の数は日本将棋連盟に行けば出てますよ。ちゃんとプロフィールも公表されています。
アマチュアの将棋大会参加者の名簿はないですね。
日本将棋連盟はプロ棋士のための団体です。
日本チェス協会(JCA)は、JCAに所属する(会費を払っている)プロ(小島さんだけ?)とアマチュアのための団体(?)です。

ま~こんなところです。
これからも有益な情報アップしてくださいませ。
[ 2015/05/21 18:08 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
アイスランドの件は、昔ツイッターでGM数最大濃度の国はイスラエルと間違った情報を発信した際そのツイートを見た方がアイスランドの方が濃度が高いとツッコミを入れてくれたのでよく覚えています。
(正しくは現在人口比のGM数最大濃度の都市がイスラエルにある。レイキャビクはフィッシャーが存命時代過去最大のGM濃度の都市だった。)

OTBチェスのことも将棋のこともよく分からないので何とも言えませんが選手と呼ばなければ何と呼べばいいんでしょうか?

あとは書き方のせいでプロの人数が分からないみたいなことに見えてますが、将棋のプロ棋士の数は数そのものが書いてあるところがあるのかは知りませんが全員のプロフィールが書いてあるところを見たので、少なくとも数えれば分かることは知ってます。
知りたくてもわからなかったのはアマチュア棋士の数でした。
チェスの方のリストでは実質プロもアマチュアも一緒になっているので将棋の方もプロ棋士とアマチュア棋士を合わせた数が知りたかっただけですね。

[ 2015/05/25 19:32 ] [ 編集 ]
言葉を扱うのは難しいな~
アイスランドの話はわたしの経験的な見方で、数値的には調べていません。
ただ、イスラエルは移民の国だと思われますので、生粋のその国で生まれ育ったGMという意味では、アイスランドあり?だと思われます。
でも、小さな国だし、GM=国にとっても有能な人材らしく、そのままプロフェッショナルなプレーヤーとして続けている方(選手?)は少ないかもしれません。

player(プレーヤー)の日本語訳が「選手」ならば、「選手」でいいと思うのですが・・・?

将棋のプロ棋士のことは多分調べているよな~とは思ってましたよ。なにせ、こんなに詳しく調べている方なのですから!

アマチュアの将棋ファンの数(将棋大会に参加した方)は、日本の端から調べれば分からなくはないでしょうけど、ネットや印刷物のどこかに書いてはないでしょうね。それでも、参加人数は(大会主催の)新聞等に出ているかな。

「選手」もそうですが、「競技人口」も厳密な意味では何を持って「競技人口」とするのか、意味合いをはっきりさせないと話がかみ合わないかも?

最後に聞いた所によると、将棋界ではプロのみ「棋士」と呼ばれるそうです。つまり、アマチュア棋士という言葉はないようです。
[ 2015/05/25 23:46 ] [ 編集 ]
お返事ありがとうございます
ほんと言葉は難しいですね。「アマチュア棋士」という言葉はよく使ってた気がするので勉強になりました。

選手も競技人口も定義がはっきりさせてなかったのは混乱を招く原因だったなあと今更ながら思いました。
今回の件ではチェスのプレーヤーリストに載ってる人を一括りに選手としましたが競技人口はどういう定義なのか私もよくわかってませんでした。反省です。

今度からはもう少しわかりやすく書くことを心掛けたいと思います。
[ 2015/06/01 19:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
 
プロフィール

chlorine

Author:chlorine


HN: chlorine(くろーりん)
略して「くろ」というHNも良く使う

チェスやバックギャモン、ポーカーが好き

主にニコニコ動画で活動中
リンクフリーです。いっぱいリンクしてくれると嬉しいです
トラックバックとかもじゃんじゃんしてください



YouTubeのチャンネル↓
ちゃんねるくろ


ニコニコ動画コミュニティ↓
ばかっていったほうがばかなんです!【ニコニコミュニティ】

Twitter


最新トラックバック
アクセスカウント
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。