くろのしろい日記

たぶんチェス中心に書いていくつもりの日記

昔本当にあった負ければ殺されるチェスの対局

今回は、何か面白いエピソード持ってるチェスチャンピオンいないかな~と探してた時、偶然見つけたチェスマスターの壮絶なエピソードをご紹介します。

今日ご紹介する人の名前はオシップ・サモイロヴィッチ・バーンスティーン(Ossip Samoilovich Bernstein)さん。
1882年にロシアで生まれ、1962年にフランスで亡くなりました。
亡くなったときの称号はグランドマスター(GM)です。

そして日本語でグーグル検索してみましたが、ほぼほぼこの人はヒットしませんでした。

バーンスティーンさんはロシア帝国でユダヤの家系に生まれ、おそらく何不自由なく20歳近くまで育ちました。
チェスのキャリアは20歳でベルリンのチェス大会で優勝したり、ミハイル・チゴリンさんという定跡に名前を残している超有名人といい勝負したり、はたまた当時の世界チャンピオン、カパブランカさんと番勝負をするくらいの腕前でした。

学業も怠ってはいません。
24歳で財務の弁護士になり、銀行員の法律顧問をしていたそうです。

しかしそれが悲劇を生みました。

バーンスティーンさんたぶん36歳の1918年ソビエト革命(十月革命)の後、銀行の要職にいたため秘密警察の手により逮捕されます。
そしてなんと銃殺刑が下されました。

射撃部隊が並んでいるまさにそのとき、上級官員が逮捕者のリストを見せるように言い、ざっと見ている中に「オシップ・バーンスティーン」の名前を見つけた途端、

「キミもしかしてあの有名なチェスマスターか?」

と聞きにわざわざ目の前まで来たそうです。
もちろん本人は自分がチェスマスターだと思っているわけでその問いを肯定するわけですが、相手の上級官員は半信半疑らしく…

「よし、私と一局チェスをしろ」

と言ったかどうかは定かではないものの、なんとその上級官員とチェスをすることになってしまったそうな。
言うまでもないですが、半信半疑の素人相手に自分がチェスマスターだと証明する方法は一つ。勝つしか道はない。

本人も負けるか引き分ければその場で銃殺だと覚悟をして臨んだそうです。
まさに命を賭けたチェス…

プレッシャーで押しつぶされてもしょうがないだろこれと思ったけれども、バーンスティーン氏はその上級官員をチェスで瞬殺。
見事に自分がチェスマスターだと証明した上でなんと解放(これはこれですごい出来事な気がする)されました。

そしてイギリスの船に乗ってフランスまで無事亡命できたとさ。

彼はすごいビジネスマンで、何度も戦争とかで財産失っては金持ちに復活することを繰り返してたらしい。
第二次世界大戦時にも波乱があったらしいけどそれはまた別の話。

オシップ・バーンスティーンさんのWikipedia(英語)

また次回!

[タグ] チェス 戦争
[ 2018/02/19 20:48 ] チェス雑学 | TB(0) | CM(0)

仮想通貨とNETELLERの話

最近の話なのですがNETELLERから、取引ねーから来月からは管理手数料最大40ドル取るぞゴルァ!という感じの内容のメールが届きました。

ポーカー勢の方々にとっては懐かしいのではないかと思われるネッテラー
経緯を説明すると、まだネッテラーポーカーの課金に使用可能だったころ、私はネッテラーに一度だけ10ドル入金してポーカーサイトに入金。

参加料タダで賞金のあるフリーロールをプレイしまくってこつこつ稼いだ100ドル中、入金された10ドルと合わせた110のうちから70ドルをネッテラーに引き出しました。
…そこで私のポーカーのマイブームは一度去ってしまいまして。ポーカーサイトもネッテラーも触らなくなったんですよね。

気が付くと知らないうちにネッテラーが日本からはポーカーサイトで使えなくなり、日本からお金を引き出すことも不可能になり、
…あれ?お金どうすんのこれ??

70ドルもあるならもったいないよね??
と思いましたがどうすることもできず。引き出せないなら買い物すればいいじゃない!

とも思いましたが使えるところがかぎられすぎてないですかね?これという状態。
とりあえず「PokerTracker 4」というポーカーのトラッカーソフトを購入(59.99ドル)。

残り10.01ドルどうするかな~?と思ってたところ、話変わって仮想通貨を私も遅れながらはじめましてね。
法定通貨(円とかドルとか)を突っ込むのも勇気いるし、でも仮想通貨欲しいしとなりまして。

いわゆる採掘と呼ばれる、仮想通貨のマイニングをやって報酬として仮想通貨もらおうという結論になったんですよ。
(このブログの常連さんは仮想通貨の採掘ってなんぞや状態だと思うので追記部分でざっと説明します)

そんでもって、ビットゼニーとかモナーコインのマイニングを最近適当にやってるんですが、もらうなら向こうから仮想通貨送ってもらう先の自分のウォレットとかが必要じゃないですか。
なのでたくさんオンラインのウォレットとか取引所とか両替所に登録しまくってたんですよね。

その登録しようか迷った中の一つの【SpectroCoin】というところの法定通貨入金方法の一つに「NETELLER」
信用できるところなのか全く分からんかったけど、ネットで調べても特に悪い評判なかったし登録してみることに。

さっそく入金…はできず。本人確認書類提出者のみネッテラーからの入金受付しますというようなことが書いてあり、ここまで来たんならもう提出するかと思って身分証明書の画像送りました。
一週間前に送ったのですが、音沙汰無し。「PENDING」とずっと出てます。

さて、私の10ドルは一体どうなるのか。
もしかしたら身分証明書が受け付けられないかもしれないし、受け付けられても日本からはネッテラー無理となるかもしれないし、入金はできるが10ドルは少なすぎるから無理と言われるかもしれないし果たして登録する意味はあったのか。
10営業日ほどで処理されるとは書いてあったからすぐに続報かけるとは思うけどうまくいってほしいな~と思う限りです。

とりあえずまだネッテラーにお金いっぱい残ってて試してみたい方もしいらっしゃったら、仮想通貨両替所SpectroCoin(スぺクトロコイン)の私の友達紹介ページ置いとくんで、是非ここから登録してみて試してみてください。

ビットコインの両替取引 - SpectroCoin (友人紹介ページ)

うまくいくかはまだ知らんけどな!!(ここは重要)
一番情報欲しいのは私だwwww
他にコミュ障にやさしい手軽なとこあったら教えてほしいわ。

そういえばビットコインの値段、一時期下がりましたけどまたぐんぐん上がってきてますね~(全盛期の半分の値かもしれんけど)。

入金できるなら早くやって早くビットコインに両替したいところですな。
使えなかったネッテラーのお金を仮想通貨ビットコインに変えることができるのか。
ネッテラーのお金、移動できないし使えないしで塩漬け状態続いてたんで、仮想通貨でもなんでも変えられるなら早いとこ変えたいw
あ、ここに書いてあるのは全部自己責任でお願いします。

[ 2018/02/18 17:51 ] 仮想通貨 | TB(0) | CM(0)

2018年非公式変則チェス世界チャンピオン決定戦について

今日は何となく見てたら何となくいつの間にか終わってしまっていた変則チェスのひとつ、フィッシャーランダムチェス(チェス960)の非公式世界選手権について書いていこうと思います。

まずフィッシャーランダムチェスとはなんぞやと。

簡単に言うと、初期配置をバラバラのランダムにしたチェスです。その配置の種類が960種類あることから、チェス960とも言われます。
フィッシャーランダムチェスのフィッシャーとは元世界チャンピオンの人なのですが、長ったらしい序盤定跡にとらわれるのは本当にチェスのゲーム性が目指すところなのか?とその人が疑問を持ったところから、序盤定跡にとらわれない人間の創造性などをフルに発揮できるように考案されたチェスの遊び方のようです。
(ただ、960通りくらいなら序盤定跡作っちゃおうぜという猛者がいるらしい)

ランダムにするやり方はポーンの配置はチェスと同じ。
一段目の駒をバラバラの配置に。
ただし、ビショップは違う色のマスに配置。
ルークとルークの間にキングを配置しないといけない。

という約束事がある。
ルークとルークの間にキングがいるのでもちろんキャスリングが可能。
この選手権でもラウンド3に初手キャスリングという珍しい光景があったそうです。

公式HPらしいところ → Fischer Random 2018 - Home

さて、この非公式世界選手権ですが、出場する二人はご存知チェス世界チェスチャンピオンのノルウェー人「マグヌス・カールセン」と、この記事を書いている時点では世界8位のアメリカ人「ヒカル・ナカムラ」です。
ナカムラさんはどうやらラピッドとブリッツだと世界3位のようで、時間が早い方が得意そうですね。
ちなみにカールセンさんはスタンダード、ラピッド、ブリッツ全て世界1位です(バケモノかよ...)

そして、気になる試合形式は16試合行われ、最初の8ゲームは最初の40手は45分、それを過ぎれば15分追加というラピッドに含まれるらしいゲーム。
後半残りの8ゲームは10分と一手につき追加5秒というブリッツに含まれるらしいゲーム。

インターネットでのプレイではブリッツと言われると5分くらいからなので感覚違いますが、時計押さないといけないOTBだと10分からブリッツなんですかね?たぶん。

そして変則的なルールですが、最初のラピッドでは勝つと2ポイント、負けると0ポイント、引き分けると1ポイント。
後半のブリッツでは勝つと1ポイント、負けると0ポイント、引き分けると0.5ポイントという持ち時間の量によってポイントに差があるものでした。

そして、スコアが同じのまま16ゲーム終わってしまった場合はアルマゲドンと呼ばれるタイブレークを行います。
アルマゲドンとは先手の方が持ち時間が多い代わりに、もし引き分け(ドロー)だった場合は後手の勝利とする特殊な方式です。

結果を言いますと、16試合で14 -10となりカールセンさんの勝利となりました。
この選手権の賞金総額は150万ノルウェークローネで勝者の取り分60%、敗者は40%だそうです。

つまり?グーグル先生に聞いてみたところ、2018年2月17日現在での勝者取り分90万ノルウェークローネの価値は…
1230万円!

これだけの賞金なら選手権の出演料いくらくらいだったんでしょうなあ。
将棋のタイトル戦で賞金1200万なら8大タイトルの真ん中よかちょっと上くらいだと思うので、チェス界でもそれなりの大会だったと言えるとは思うのですが、それが変則チェスでやってしまうあたりすごいなあと思った次第です(しかも非公式)。

詳しい対局の様子などはchess.comが詳しそう → Carlsen Wins Fischer Random Chess Championship

チェス960のネット対局はLichessがやりやすいのではないかと思っています。
興味を持った方はぜひ対局してみてください。ゲストアカウントでもコンピュータ相手とかで練習対局できるはず。lichess.org

[タグ未指定]
[ 2018/02/17 17:52 ] その他のチェス | TB(0) | CM(0)
 






プロフィール

chlorine

Author:chlorine


HN: chlorine(くろーりん)
略して「くろ」というHNも良く使う

チェスやバックギャモン、ポーカーが好き

主にyoutubeやニコニコ動画で活動中
リンクフリーです。いっぱいリンクしてくれると嬉しいです
トラックバックとかもじゃんじゃんしてください



YouTubeのチャンネル↓
ちゃんねるくろ


ニコニコ動画コミュニティ↓
ばかっていったほうがばかなんです!【ニコニコミュニティ】

最新トラックバック
アクセスカウント
ブロとも申請フォーム